看護師だからこそできる役目

看護師が病院において活躍する場面として最も大事なのは患者さんと直接やりとりをする役割です。医療スタッフの中で医療の専門家として認識されていながらも、患者さんにとっては最も身近に感じられる存在であり、その心の中を聞くことができる唯一の存在となることもよくあります。

人は誰しも心に悩みを持っているものであり、それが原因で病気になってしまっている場合も珍しいことではありません。精神科や心療内科においてはそういった患者さんが多いのは事実ですが、他の診療科においても同様の事実があります。確かに病気にかかっているものの、その容態が見た目以上に深刻になっているというのがその典型的なケースです。

心の状態によって容態が悪化してしまっているという状況であり、その診療科に通いながら、精神科や心療内科にも通うということになる場合もあります。しかし、そういった手段をとらなくとも看護師が患者さんの心の扉を開いてあげて、その心の中にある闇を取り除いてあげることができればそれが治療になることもあるのです。精神科や心療内科の医師に相談をするよりも、より身近な人の方が相談相手になることでより安心感や信頼感に繋がり、患者さんとしても心の内を打ち明けやすくなります。特に患者さんが自分から精神科や心療内科を受診することを選んだわけではない場合には頑なになってしまうことも多く、治療が難しくなってしまうこともあります。そういった事態を懸念することなく、治療を実現できる力を持つのが看護師なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です